今日中にクレジットカード現金化で現金を用意しなければいけない時でもネット型のが有利?

クレジットカード現金化業者は店舗型とネット型、どちらが多いのか?と聞かれたらネット型の方が多いです。

店舗型のクレジットカード現金化業者もいない訳ではないので店頭で現金化したいと言う要望には応じる事は可能です。

それでもネット型の方が多いのは理由があります。

その理由の中にはお客目線で見た場合ネット型の方が便利が良いと判断して敢えてネット型での営業を決めた現金化業者もいる程です。

来店不要なのでお店へ行かなくても良い

店舗型で現金化する場合だと店頭での現金化を行う以上はお店へ行かないといけませんが、簡単そうで意外と難しいです。

例えば、終業後の自由時間がお店の営業終了時間と被っている為に仕事終わりによって現金化もできなかったり、そもそも近くにお店が無いので現金化すらできないと今日中に現金を用意しなければいけない人にとっては大問題です。

一方でネット型の場合はネット申し込みを前提としているので、仕事から抜け出すのが難しくてもスキマ時間を利用して現金化手続きを行う事が可能です。

ネット型でも営業時間内の申し込みであれば当日中に現金化を基本としているので、今日中に現金を用意しなければならない時でも対応可能です。

また、ネット型は来店不要となるので近くに現金化業者がいない地域に住んでいる人でも利用しやすいメリットもあります。

現金の受け取りも近くのATMからの出金でOK

ネット型で現金化を依頼した際に用意してもらう現金は申し込み時に指定した口座へ入金されます。

つまり、指定口座からの出金が可能なATMがあるお店や金融機関の支店に行けば良いので、お店へ取りに行く必要もないです。

使える口座もゆうちょやネットバンク等日本全国のATMに対応している金融機関のみならず、地方銀行や信用金庫等も使える現金化業者も多いです。

現金化業者の中には口座入金の際に発生する振込手数料を金額問わず全て自社負担としてくれるサービスを用意しており、振込手数料が原因で貰える現金も減ってしまう事はありません。

高換金率に加えてお得なキャンペーンや特典も受けられやすい

換金率を中心に見た場合でも店舗型よりもネット型の方がオススメです。

店舗型だと人件費や運営費等のコストの兼ね合いで換金率を上げすぎると却って赤字になる可能性も高くなる為、ネット型に比べると低めになりやすいです。

逆にネット型はお店を持たない分店舗型よりも低コストで運営できるメリットがあり、浮いたコストを換金率へと還元して高換金率で設定しやすくなっています。

今日中に現金が欲しいとは言っても低すぎる換金率だと流石に利用を躊躇してしまいますが、ネット型であれば店舗型と比べて高換金率で現金化した状態で現金を用意してくれます。

また、ネット型の現金化業者の中には新規利用者やリピーター向けにキャンペーンを用意している事もあります。

通常の換金率から更に上乗せした状態での現金化やクオカード等の電子マネーギフト券も現金と一緒に進呈等が用意されているので、お得に現金化も可能です。