今すぐクレジットカードでお金が欲しいならクレジットカードの現金化をしよう!

今すぐクレジットカードを利用してお金が欲しいならどうしたらいいでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を用意したらいいと思うかもしれませんね。

確かにその方法もありですが、それ以外にもクレジットカードですぐに現金を用意する方法があります。

この記事ではクレジットカードの現金化について解説します。

クレジットカードで現金を作るって?

クレジットカードの現金化と言うのは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作ることです。

どうやってショッピング枠で現金を作るのと思うかもしれませんが、とても簡単です。

クレジットカードを使って換金率が高い商品を購入し、その商品を売却することで現金を手に入れる方法です。

この方法であれば専門業者を利用しなくても自分で現金化することができますし、誰でも自分のクレジットカードを持っていれば利用することができるためとても簡単です。

もちろんクレジットカードの現金化業者を利用すれば誰でも簡単に高いレートで現金を手にすることができるので、こちらの方法もとてもオススメです。

クレジットカードの現金化なら専門業者を利用しよう

クレジットカードの現金化をするなら専門業者を利用するのがオススメですが、何故でしょうか。

まずは安全性が高いからです。

クレジットカードの現金化は違法行為ではありませんが、クレジットカード会社が定めている利用規約に反する行為です。

クレジットカードの現金化を目的とした利用は厳しく禁止されているからです。

クレジットカードの現金化業者を利用すれば、カード会社に怪しまれることなく安全に現金化することができます。

また24時間365日申し込みを受け付けている業者が多いこと、インターネットで申し込みすることができるのでどこからでも申し込みすることができるなどメリットを挙げればキリがありません。

クレジットカードの現金化業者はどうやって選ぶ?

クレジットカードの現金化業者を選ぶなら、大手で老舗の業者を選びましょう。

長くクレジットカードの現金化の世界で生き続けたと言う事はリピーターがたくさんいて安心できる業者の表れだからです。

このような業者は個人情報もしっかりと管理していて高いレートで現金化できるので、誰でも安心してお得に現金化することができるでしょう。

クレジットカード現金化は借金をしているわけではないので信用情報に借金をしている履歴は残らない

カードローンやキャッシングなどを利用すると信用情報にその履歴が残ってしまうので、それはできるだけならば避けたいと思っています。

その理由としては、ローンを組む際に信用情報にはできるだけ借金をしていることの履歴は残しておきたくないからです。

そこで自分は現金を急遽用意しなければいけない状況になった際にはクレジットカードのショッピング枠を使ったクレジットカード現金化を主に利用しています。

その方が信用情報の借金の履歴が残らないので、個人的にはこちらの方が好きです。

信用情報に借金の履歴が残らないで済む

クレジットカード現金化はカードローンやキャッシングなどとは違って、信用情報の履歴が残らないようになっています。

それはクレジットカード現金化はショッピング枠を利用してショッピングをするだけの行為だからです。

カードローンやキャッシングなどは借金をする行為となりますので、信用情報の履歴に借金の履歴が残ってしまいます。

この情報が信用情報に残るのは個人的には嫌なので、クレジットカード現金化を利用して現金を調達するようにしています。

クレジットカード現金化は表面上はショッピングをしているだけに過ぎませんので、信用情報に借金の履歴が残りません。

周囲に借金をしていることがばれずに済む

またクレジットカード現金化は、周囲に借金をしていることがばれずに済むというメリットもあります。

カードローンやキャッシングなどを利用すると在籍確認や利用明細書などによって周囲に借金をしていることがばれてしまうこともあります。

ですがクレジットカード現金化ならば、在籍確認もなければ利用明細書などもありません。

なおショッピング枠でショッピングをした際の明細書が届くことはありますが、その明細書だけを見ても借金をしていることまでは読み取れません。

そのためクレジットカード現金化においては、借金をしていることが周囲にばれないようになっています。

返済方法のバリエーションが多い

クレジットカード現金化は表面上はショッピングをしているのと変わりありませんので、物を購入した際の返済方法はショッピングに準ずる形になります。

ですから、一括返済だけでなく分割払いやリボルビング払いなども返済方法として選択することができます。

これによって無理なく返済をすることができますので、滞納してしまうリスクもかなり減らすことができます。

つまり、それだけ信用情報に傷を残さずに済むわけです。

クレジットカード現金化は無理なく返済できる方法を選ぶことができるので、それだけ信用情報に傷を残さないようにできます。

クレジットカード現金化を利用してもカード情報が相手にわたることはない!

ネットを通じたクレジットカード現金化は非常に身近な存在になっています。

特にキャッシング枠が足りない場合などに便利で、即日現金を振り込んでくれる専門業者も珍しくなくなっています。

クレジットカードを扱うとなると管理も気になるところですが、直接カード情報を渡す必要がないのがクレジットカード現金化で、セキュリティもしっかりしているのが特徴になります。

クレジットカード現金化はカード情報を渡す必要がない

クレジットカード現金化という言葉を聞くと、クレジットカードの情報を渡さなければいけないと考える人もいます。

しかし、実際はクレジットカードは商品の購入・決済に使うものであり、専門のクレジットカード現金化業者を利用しても、カード情報を渡す必要はありません。

ネットで購入した商品を買い取る、あるいは商材を購入してもらった際のキャッシュバックとして現金化を行うのがクレジットカード現金化です。

番号を渡して、相手にクレジットカードを悪用される心配はないのです。

法律に違反しても割に合わないのが現実

それでもクレジットカードを扱うのであれば、悪用ができるのではと考える人もいます。

重要なのは法律に違反するようなことがあれば、お店が営業できなくなる可能性が高く、行政処分など法律上のペナルティが下る可能性が高いことです。

クレジットカードには限度額がある関係上、悪用しようとしても金額が数十万程度に限られる場合が大半です。

そのたびに警察に捕まったり、通報されるリスクを犯すのは割に合わないのが現実になります。

電話番号やメール問い合わせフォームなど証拠に残るものが必須になる関係で、小額の詐欺を働いて店舗を畳むといった悪徳ビジネスも成立しないのです。

法律上必要な情報もあることに注意

クレジットカード情報を業者に渡す必要はありませんが、身分証明書など、身元の確認は必ず行われます。

これはクレジットカード現金化業者が古物の扱いなどを法的根拠にし、ギフト券等を買い取るケースが大半のためです。

古物の扱いをする場合は、だれから何を購入したか記録する義務があり、身分証明書の定時が必須になっているためです。

リサイクルショップや古本の買取などと同じで、一般的な手続きのため不安になる必要がないのがポイントです。

カードローンやキャッシングの審査に落ちてもクレジットカード現金化は行える

カードローンに申し込みをしたら審査に落ちてしまったことがあって困ったことがありました。

そこでクレジットカードのキャッシング機能も恐らくカードローンの審査に落ちてしまったこともあって厳しいと判断して、クレジットカードのショッピング枠を使ったクレジットカード現金化をしました。

その理由はクレジットカードが発行されているのと今月まだショッピング枠が残っていれば別途審査も必要がないので、クレジットカード現金化ならば容易に現金を調達できるといった魅力を感じたのでその方法を選びました。

別途審査が不要なのが良い

カードローンやキャッシングなどを利用する際には必ず審査を受ける必要があります。

この審査に無事に通れば問題はありませんが万が一審査に落ちてしまったら当然ながらカードローンもキャッシングも利用できないわけなので、現金を調達することは不可能になってしまいます。

ですがクレジットカード現金化ならば、別途審査は不要で現金を調達することができます。

これがクレジットカード現金化の魅力の一つになります。

既に発行されているクレジットカードであれば発行審査は終わっていますので、ショッピング枠自体は付与されています。

このショッピング枠を間接的に利用して現金化するという方法がクレジットカード現金化なので、カードローンやキャッシングなどのように別途審査が不要になります。

いつでも自由に行える

クレジットカード現金化の他の魅力としては、いつでも自由に行えるといった手軽さがあることです。

別途審査が不要なため、クレジットカードとショッピング枠の利用限度額を確認するだけで行えてしまいます。

利用限度額の範囲内ならばショッピング枠はいつでも自由に使うことができます。

このショッピング枠で換金性の高い商品を購入をしてそれを売ったり、クレジットカード現金化業者を通じてショッピング枠を現金化することができます。

自分は最近はより早くショッピング枠を現金化することができるクレジットカード現金化業者を使うことが多くなっています。

それは、早く現金を調達したい場合には最適だからです。

信用情報に借金の履歴が残る心配がない

それからクレジットカード現金化の魅力の最後は、信用情報に借金の履歴が残らないことです。

カードローンやキャッシングを利用したら必ず信用情報に借金の履歴が残ってしまいます。

これが残ってしまうと後々ローンを組む際に不利に働くこともありますので、極力信用情報に借金の履歴が残ることを回避したかったこともあって最近は主にクレジットカード現金化を選んでいます。

クレジットカード現金化の場合には表面上はショッピングをしているのと同じことになりますので、借金の履歴が信用情報には残りません。

カードによる現金化利用でお金を手に入れたら案外使い勝手がよくて安心だった!

どうしても現金を用意しないといけないときに限って、キャッシングはもう使い切っているとか、ローンは新たに借りるのは難しそうというときが重なりました。

そんなときに今までとは違った、現金化という方法を使ってお金を手に入れることができました。

思いのほか簡単だったので、また万が一のときは利用したいと思えるほどでした。

現金化って何?からスタート

お金が必要なときの方法といって思いつくのはローンやキャッシングです。

他に方法があるなんて、まったく知らなかったので見つけたときにはびっくりでした。

それがクレジットカードを利用した現金化で、使うのはショッピング枠なのも意外です。

ショッピング枠を利用して買い物をする代わりに、その商品を買取るというシステムです。

この他にも商品を購入することでキャッシュバックをするタイプもあるらしいです。

どちらにしても使うのはクレジットカードのショッピング枠なので、キャッシング枠がいっぱいでも大丈夫なのが強みだと感じました。

言われた通り実行するだけの手間いらず

でも、自分では何を購入して買い取ってもらうのがいいのか見当がつきません。

その点は専門の現金化業者を使うと全部サポートしてくれます。

どの商品が今は効率がよいのかも熟知しているらしく、ショッピング枠の残りや希望金額に応じてオススメしてくれます。

だから任せてしまうのが一番だなというのが実感です。

商品もどこで購入できるかなども情報があるので、簡単ですし面倒もありません。

全部ネットや電話で済んでしまいますから、全国の人が利用できるのが現金化ではないでしょうか。

私も言われた通りに購入したら連絡をいれました。

あとはチェックをされて現金を振り込んでもらえるので、迷わず無駄な時間も掛からなかった印象です。

利用してみてのメリット

現金化でお金を手に入れたことは、スピード面でも満足でした。

購入などの自分で行う作業の手早さも左右しますが、数十分で完了させることも難しくありません。

さらにもう1つ気づいたのですが、クレジットカードのショッピング枠は金利が低いです。

ローンやキャッシングよりも低くなっているので、返済時の負担が軽減します。

意外とこれは大きなメリットだと思います。

もちろん1回払いにすれば利息はないですから、返すあてがあればさらにお得な現金を手に入れる方法だと思います。